happy comfortable life
家具収納・インテリア雑貨専門のハウススタイリング(house styling)

インテリアコーディネートプロが教えるセンスのいい部屋作り
秡川寿美礼インテリアコーディネーター 
秡川寿美礼(はらいかわすみれ)
心地いい住まいづくりとインテリアを提案するインテリアコーディネーター。
きめ細かいコーディネートが好評で、現在雑誌やWEBなどでも活躍中。

(有)エル・エル・プランニング⇒

http://www.llplanning.co.jp/

モノが散らかって見えない、「美しい収納方法」を教えてください。

「どうしてもうまく片付けられない」「片付けても、なぜかすぐに散らかる」など、多くの人が悩みを抱えている“収納”。
そこで、今回はただ収納するだけではない、より美しい収納方法をご紹介します。
大掃除の季節が来る前に、まずはしっかりと収納の基本から学びましょう。

モノを散らかさないための収納の基礎知識をしっかりと学ぶ収納家具選びは、モノの大きさに合わせて選択見せ方の工夫で美しい収納と空間づくりを

ans.01 「モノを散らかさないための収納の基礎知識をしっかりと学ぶ」ポイント!収納する際は“適量”を“適所”に!

収納をする際にまず基本となるのが“適量”を“適所”に、少ないアクションで収納するということです。モノが散らかってしまう原因のひとつがモノの量に対して収納スペースが少なすぎるケース。まずは、しまうモノの量をよく調べてから収納スペースを“適量”用意するように心がけましょう。

次に“収納場所”ですが、例えば、宅配便の受け取りに必要な認め印や、出かける時にさっと持って行きたいハンカチなどは玄関に収納したり、パジャマや下着は洗面所に収納するといった具合に、使いたい場所の近くに収納すれば、探す手間が省けるのですぐに取り出せます。

さらに散らかさないためには、しまいやすさも重要です。押し入れや納戸などにモノを押し込んでいる部屋をよく見かけますが、これだと、いざ使いたいときにサッと取り出したり、しまうことができません。少ないアクションでしまえるようにすることで、片付けが苦にならず、部屋中にモノが散乱するということもなくなります。

外出時に必要な鍵やコート、ハンカチなどは玄関先、パジャマや下着は洗面所といったように、使う頻度が高い場所の近くにそれぞれ収納することで、収納場所が分からなくなることもありません。

もちろん住まいによっては、絶対的にスペースが少なく難しいこともあるかもしれませんが、できる限り、この“適量適所”の考えに基づいてモノを整理してみると、自然と自分の生活スタイルにあった、使いやすい収納の形が見えてくるはずです。

玄関にあると便利なのが、こういった収納小物。衣類の掛けられるフックもついているのでコートを掛けることもできるうえ、忘れ物対策にもなります。

 

 

- スポンサーリンク -

ページトップへ

ans.02「収納家具選びは、モノの大きさに合わせて選択」“少ないアクションで”が基本!

“適量適所”に基づいた少ないアクションでの収納、というのが収納の基本とans.01でお話しましたが、家具選びに関してもそれは同じこと。本棚で二重、三重にスライドするものなどがありますが、これだと目的の本を取り出すまでの動作が増えるのはもちろん、収納物を一覧できないので探すのに時間がかかったり、収納するのにもワンアクションではできません。

また、大きな納戸的な収納家具なども人気がありますが、たくさんのモノを収納することはできても、どうしても重ねたり手間にモノを並べて収納することが多くなってしまい、結果、モノを取り出すまでのアクション数が増えて、取り出しにくくなるという難点があります。  

家具を選ぶ際に大事なことは、少ないアクションで収納ができ、さらにモノの奥行きと高さに合った収納スペースを持つ家具を選ぶということ。

例えば本棚では、オープンか扉のみが付いたシンプルなもので、上段は文庫本サイズ、下段はアルバムサイズなどいくつかの奥行きが合わさったタイプなどがオススメ。また、ウォークインクローゼットの中に入れることのできるユニット式収納ボックスなどは、モノの量に合わせて収納スペースを作ることができるので、限られた空間しかないお部屋などにも最適です。

使い勝手が良いようにと制作した書棚。収納スペースの奥行きを十分に確保し、さらに収納するモノに合わせて高さ調節ができるように可動棚板にしました。

pick up! hs's coordinate
ユニットタイプの収納家具であれば、モノの量に合わせて家具を購入できるので出費も少なくオススメ。またどこに何が収納されているかが一目で見渡せ、モノの出し入れがしやすいというのもポイントです。

ページトップへ

ans.03「見せ方の工夫で美しい収納と空間づくりを」ポイント!収納するモノの色や形、大きさを揃えて!
最後に、ちょっと周りに自慢できる美しく見せる収納方法をご紹介します。

ポイントは収納するモノの色や形、大きさを揃えてあげるということ。例えば本であれば高さを揃えて収納したり、洋服であれば同じ色ごとにまとめて収納したりと、全体的にバランスを整えてあげることが美しく見せる収納のコツ。さらに重いモノや、大きいサイズのモノは下段に、軽いモノや小さいサイズのモノは上段に収納すると取り出しやすく、すっきり見せることができます。色に関しては濃い色(=重く感じる色)を下段に、薄い色(=軽く感じる色)を上段に持っていくようにすると、安定感が増しますので、さらにこだわる方はぜひ試してみてください。

また、「部屋のコーナーなどのデッドスペースを生かして収納スペースに」という内容をよく目にしますが、収納だけを目的とした部屋でない限りこれはあまりオススメできません。すべての空間を隙間なく埋めてしまうのではなく、ある程度の余白を残してあげるほうが、空間を美しくまとめてあげることができるのです。

空いたスペース=デッドスペースという固定観念に囚われず、植物や照明などを置いて余白の空間を生かすことで、すっきりした美しい空間を作ることができます。

カップや小皿など小さく使用頻度の高いものは中段から上段、反対に大皿やボウルなど普段あまり使わないものは下段に収納すると、バランスもよく美しく見せることができます。

pick up! hs's coordinate

雑然としがちな本棚も、背表紙や高さを揃えてあげることで、すっきりとした印象に。

例えば背板に色が付いているものであれば、わざと多く余白残して収納してみるのも◎。背板の色味がアクセントとなり空間にメリハリが生まれます。

- スポンサーリンク -

プロが教えるセンスのいい部屋作り

season3

第1回 テーマ「快適!ワークスペースのつくり方」

season2

第1回 テーマ「とりあえず知っておきたい『収納の基本』その1 適量の収納」
第2回 テーマ「とりあえず知っておきたい『収納の基本』その2 適所の収納」
第3回 テーマ「とりあえず知っておきたい『収納の基本』その3 少ない動作」
第4回 テーマ「やってみよう!『書籍の収納』」
第5回 テーマ「やってみよう!『食器の収納』」
第6回 テーマ「やってみよう!『衣類の収納』」
第7回 テーマ「とりあえず知っておきたい『家具配置の基本』」
第8回 テーマ「とりあえず知っておきたい『寝室の家具配置の基本』」
第9回 テーマ「とりあえず知っておきたい『ダイニングの家具配置の基本』」
第10回 テーマ「とりあえず知っておきたい『リビングの家具配置の基本』」

season1

第1回 テーマ「快適なベッドルームの作り方を教えてください。」
第2回 テーマ「秋らしい落ち着いた部屋の作り方を教えてください。」
第3回 テーマ「モノが散らかって見えない、美しい収納方法を教えてください。」
第4回 テーマ「手軽にお部屋をイメージチェンジさせる方法ってありますか?」
第5回 テーマ「“明かり”との上手なつきあい方を教えてください」
第6回 テーマ「グリーンとの上手な暮らし方を教えてください」
第7回 テーマ「お部屋を広く見せるインテリアテクニックを教えてください」
第8回 テーマ「ゲストを温かく迎えいれるエントランスルームの作り方を教えてください」

商品カテゴリー

家具・収納
    インテリア雑貨・キッチンツール
      カーテン・ラグ・寝具
        MAIL MAGAZINE

        特集を見る

      • LEXON レクソン:一目見たら忘れられない、ユニークなプロダクト
      • 窓を開けよう:春が待ち遠しくなるアウトドアテイストのセレクトアイテム
      • 特集:日本人デザイナー
      • 器で楽しむ おいしい食卓
      • ファブリックの素敵な使い方|コーディネート事例集
      • 鏡リュウジさんに聞く、2017開運インテリア|HS the interview特別編
      • HOUSE STYLING MANIAX vol.6 空間を彩る〜名作インテリア編
      • KOINOR(コイノール):Made in Germany
      • 編集長が選ぶ、最新カタログみどころ4選
      • インテリアコーディネート 2017
      • 手軽にお片づけ 美収納コレクション
      • ハウススタイリング ベストセラーズ2016
      • 冬のくらしを楽しむ。厳選“冬”雑貨
      • Elaine アイランドカウンター
      • Xmas雑貨コレクション
      • HOUSE STYLING MANIAX vol.5 美しい道具〜個性的な収納編
      • Watch The Clock 時計の選び方
      • HOUSE STYLING MANIAX vol.4 美しい道具〜照明編
      • HOUSE STYLING MANIAX vol.3 美しい道具〜ハウスキーピング編
      • 教えて!ハウススタイリング 魅力的なワーキングスペースのためのデスク選び
      • Billiani:ビリアーニ くつろぎと上質感、感性のイタリアネス
      • 徹底追求!足もとインテリア。
      • 食器棚の選び方。
      • デザインコレクション LEGO ストレージブリックの魅力
      • ハウススタイリングマニアックス vol.2 美しい道具〜チェア編
        • bunaco ブナコ
        • 教えて!ハウススタイリング インテリアの「外見」
        • umbra
        • ハウススタイリングマニアックス vol.1 美しい道具〜テーブルウェア編
        • natuzzi:伝統と革新が調和する、イタリアンレザーソファ
        • ミラノサローネレポート2016
        • シモンズ 145周年記念モデル レジェンドシリーズ
        • 教えて!ハウススタイリング ちょっと気の利いた素敵なギフト
        • ボビーワゴン限定カラー「アフロディーテ・ブルー」
        • EAMES - チャールズ&レイ・イームズ
        • HOUSE STYLINGのハウスキーピンググッズたち
        • インテリアも衣替え!春コーデのアイデア4選
        • 植物と暮らす〜ボタニカルインテリア
        • コーディネートが変わるとアイテムも変わる!厳選9アイテム
        • Love! Scandinavia house stylingの北欧雑貨
        • デザイナーズ・インテリア
        • ブランドセレクション TON

        ページトップへ

        House styling on Facebook
        House styling on Pinterest