ハウススタイリング(house styling)

happy comfortable life
家具収納・インテリア雑貨専門のハウススタイリング(house styling)

クローゼット側に動線を確保してベッドを配置。

今回寝室として使うことになったお部屋には窓がありません。窓がない部屋は採光・換気が確保できないことから、建築基準法上、居室(リビング、ダイニング、寝室、書斎など)として認められていません。

実際、人が生活する上で決して良い環境とは言えませんので、こちらからは、ウォークインクローゼットとして使う案と、リフォームして壁の一部を間仕切り戸で仕切り、常時開放できるようにすることで、採光・換気ができるようにする案をご提案していました。

このような採光・換気の確保が基準を満たしていない部屋は、納戸やサービスルームといった位置付けになりますが、現実には、寝室や書斎、子供部屋などとして使用しているケースが多いのが実情で、今回も寝室として使用することになりました。

部屋の広さは、ダブルベッドがなんとか1台置けますが、ベッドの両サイドにスペースを確保することが難しいため、クローゼットのある側にスペースを取り、反対側はぎりぎりまで壁に寄せて配置することをご提案しました。

お手持ちのグレーのベッドに合わせたモノトーンのコーディネート

寝室の壁は1面をタイル張りにしたいというご希望でしたので、吸放性のあるタイルをご提案しましたが、小さな空間なので、色数を抑えて広く見せるため、他のクロス壁の色に近いホワイトのタイルをご提案しました。

寝室ではベッドリネンが大きな面積を占め、カラーコーディネートの大きなウエイトを占めますので、ベッドフレームの色とのグラデーションなど、同系色でベッドリネンを選んでいただくと良いのではないかと思います。

ベッドサイドの照明はスタンド式。

寝室での眠る前の時間は、快適に眠りにつけるよう、全体照明だけでなく、間接照明を取り入れ、ちょっと暗めの環境で過ごせるようにするのが理想です。

そこでおすすめなのが、床置きのスタンドで壁面を照らし、壁からの反射光を得られるようにすること。凹凸のある壁面のタイルの陰影が浮かび上がってデザインが強調されるだけでなく、お部屋全体がほんのりと明るく柔らかい印象になるので、リラックスしやすい環境になります。
現在床に置かれているアートはそのまま上部の壁にかけると良いでしょう。

洗濯機の上部と、冷蔵庫の上部に取り付けられた吊り戸棚は、いずれもお客様がご自身で設計されたもの。オーダーメイドの造作家具にすれば、デッドスペースになりがちな場所も有効に使えるようになります。

ただ、工場で作る造作家具が水平・垂直に出来上がってくるのに対し、現場で施工した壁や天井は、そこまでの精度がありませんので、調整のためのゆとりの寸法を見込んだり、取り付け工事のしやすさなどを考慮の上でデザインする必要があるため、特有のノウハウが必要です。

また、材料選びも自由だからこそ、選択肢が多すぎて何を選ぶのがベストなのか、答えを見つけづらいかもしれませんが、基本的には造作家具は建築本体の一部としてデザインすると違和感なく溶け込みます。

洗濯機の上部の空間に取り付けられた吊り戸棚は、コンセントや水栓を隠しつつ、洗剤や物干しハンガーがかけられる優れもの。こんな商品があったらいいのに、と思える力作です。

仕上げ材は木目柄を選ばれていますが、すぐ近くにドアの木目が大きな面積を占めているので、全く同じ素材を使用して木目方向も揃えるか、同じ材料が手に入らなければ、壁と同化させるイメージで無地のオフホワイトにしても良かったかもしれません。

冷蔵庫の上部の空間に吊り戸棚などを取り付ける場合は、買い替えによって、将来冷蔵庫のサイズが変わる可能性があること。掃除のための余裕寸法を確保することなどのほか、高い位置にある奥行きの深い収納を使いやすくする工夫などを考慮する必要があります。

A邸の場合は、上記のような点や、前述のゆとり寸法の確保などを考慮すると、費用対効果の高い収納が確保できないという判断から、こちらからはおすすめしませんでした。

扉の材質と色は、前述のように、建築本体の壁の色に近いオフホワイトにして、吊り戸棚の存在感を消すようにしても良かったかと思います。

ページトップへ

インテリアコーディネート実例編

表示モード:

ハウススタイリングは、潟fィノス・セシールが運営する
インテリアショッピングサイトです。

本サイトの無断複写(コピー)・複製・転載を禁じます。

ディノスはJADMA(日本通信販売協会)正会員です。

JDMA

House styling on Facebook
House styling on Pinterest