ハウススタイリング(house styling)

happy comfortable life
家具収納・インテリア雑貨専門のハウススタイリング(house styling)

ハウススタイリングがとても力を入れている家具のひとつ、キッチンボード。
食器や調理道具、キッチン家電などの収納を主とした機能を重視した家具ですが、デザインやプロダクトがもつ雰囲気といった、
「インテリアとしての魅力」も大事だと考えた商品企画を心がけています。
今回は、そんなキッチンボードを特集。
ハウススタイリングがこだわる目からウロコな機能を中心に、どんな点に注目して選んだらいいのかをお伝えできればと思います。

POINT #1引き戸か扉か、引き出しか棚か、という選択肢

キッチンボードをタイプ別に見ていきましょう。まずは、引き戸タイプなのか扉タイプなのか。

Calmo カルモ ソフトクロージングキッチンボード 引き戸

Evance エヴァンス キッチンシリーズ カップボード

Pippi ピッピ アルダー材コンパクトキッチン キッチンボード

POINT #2好みやスペースに合わせて組み合わせる楽しさ

ハウススタイリングで取り扱っているキッチンボードはさまざまなサイズはもちろん、組み合わせることで機能を拡張できるオプションをたくさん用意しています。
キッチンのスペースは家ごとに違いますし、求める機能もさまざま。
たとえばキャビネットをメインにレンジボードを組み合わせたり、カウンターをプラスしたり…。

HSII キッチン収納シリーズ

用途はもちろん、使い勝手の好みといったあらゆる理想やリクエストに応えられるようなラインナップとなっています。

POINT #3オープンorクローズ!? キッチン家電との付き合い方

ここでは、「収納」の考え方についてご紹介したいと思います。キッチンボードはあくまで収納家具ではありますが、「見せる収納」というディスプレイ的、インテリア的側面もあります。
エスプレッソマシンのような素敵なキッチン家電やお気に入りの食器などはディスプレイとして飾りたい。収納するだけでは味気ない、やっぱりライフスタイルとしての充実度を感じられるスペースとしての空間作りというのもキッチンの楽しみです。

そこで、オープン or クローズという話。見せたいものはオープンなカウンターやレンジボードに。
見せたくない食器類はクローズの引き出しやキャビネットに、という使い分けができるのもハウススタイリングのこだわりのひとつです。

POINT #4出し入れがラクラク! フルスライドレール採用

POINT #5上質なスムーズさが魅力。サイレントモーションレール

引き出しのレールの感触もこだわりのひとつ。 強く引いたり押したりしなくてもスムーズに開け閉めができるサイレントモーションレールを採用しているアイテムもあります。
閉めるときにはゆっくりと動くので、引き出しがガタンとぶつかることなく安心してお使いいただけます。また、扉にはゆっくりと静かに閉まるダンパーをつけているモデルもあります。頻繁に開け閉めする引き出しや扉。
体感すれば納得の、ハウススタイリングが大切にしているこだわりです。

AQUA アクア ダイニングボード

キッチンボードは家具のなかでも大きく、買い換えることの少ないアイテムです。
だからこそ選び方は大切。
天然木を使用したナチュラル感溢れるタイプ、ホワイトとステンレスを組み合わせたモダンなタイプなど、スタイルもさまざま。
用途や空間、デザインなどをしっかりと見極めて、長く使えるものを見つけていただければと思います。

ページトップへ

表示モード:

ハウススタイリングは、潟fィノス・セシールが運営する
インテリアショッピングサイトです。

本サイトの無断複写(コピー)・複製・転載を禁じます。

ディノスはJADMA(日本通信販売協会)正会員です。

JDMA

House styling on Facebook
House styling on Pinterest