happy comfortable life
家具収納・インテリア雑貨専門のハウススタイリング(house styling)

MADE IN TOKYO 匠たちが織りなす洗練ソファ

東京・品川に創業以来50年、輝かしい実績を重ねてきた、特注家具の製作や修繕の専門工房「ミネルバ」。
ミラノサローネなど国際見本市の出品作、大手自動車メーカーの依頼によるシートの試作、一流ホテルやレストラン、ヨーロッパハイブランドの特注チェアの製作など、多方面の活躍は枚挙に暇がありません。
その卓抜したもの作りの技術は、皇室の馬車や、国会本会議場の椅子、貴重な文化財などの修理も請け負うほど。確かな技術による素晴らしい業績を成し遂げ、厚い信頼を勝ち得ています。

世界的建築家・隈研吾氏が設計した、長岡市庁舎。その一室のチェアの制作など、重責を果たしてきました。

岡山国際ホテルのロビーのソファも「ミネルバ」が制作したもの。業績は多方面にわたっています。

「家具モデラー」とは、デザイナーやアーティストが起こすデザインやイメージ、想いを的確に読み取り、実際の家具製作とを結びつける要となる専門家。
日本ではほとんど知られていませんが、家具の世界をリードするイタリアでは、デザイナーと並ぶ両輪として重要視され、家具製作のうえで欠かすことのできない存在とされています。
その日本初の家具モデラーにして、第一人者であるのが、宮本茂紀氏その人。著名デザイナーや建築家などの依頼に対して、長年の実績と膨大な経験をもとに、ラフなデザイン画からもイメージ通りの確かな製作に結びつけることができるのです。

Profile-宮本茂紀氏
1937年生まれ。椅子張り職人として活躍後、イタリア・ドイツなどのトップメーカーで、モデラーの世界的な技術を修得。
日本初の家具モデラーとして「日本の名工」「黄綬褒章」を受章。

「ミネルバ」は、椅子張り技能士や木工技能士などの国家資格所得者をはじめ、各分野の熟練職人が集う集団。
今回ご紹介するソファは、「ミネルバ」と「ハウススタイリング」がコラボレートしたオリジナル品です。
職人としての誇りをかけ、磨き抜かれた技術をもって製作されています。素材を大切にしたデザイン、優れた座り心地はもちろん、ものを大事にして長く使うヨーロッパマインドを受け継ぐしっかりとした作りも大きな魅力です。
ご注文をいただいてから1点1点丁寧に作るオーダーメイドソファで、ワンランク上の贅沢な空間を味わってみませんか?

木取りから縫製まで自社工場で一貫生産。すべての作業は、その道のスペシャリストが、丁寧にひとつひとつ手仕事で作り上げています。

なめらかで美しい曲線仕上げに、職人ならではの高度な技が光ります。

モダンとクラシックを絶妙に調和させた洗練デザイン。
ボリューム感のある曲線美が存在感を放ちます。
内部には、へたりにくいモールドウレタンを使用。

美しい曲線が身体をやさしくしっかりホールドする、パーソナルソファ。
肌触りが良くなめらかなファブリックは、上品な光沢があり、光の当たり具合で微妙に表情を変えます。

 

ページトップへ

House styling on Facebook
House styling on Pinterest